CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< March 2018 >>
ブログランキング
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode

3LDK

橙色のぐうたら日記
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
kagerô 歌詞



 kagerô




焼けつくような 空に誘われて
伸ばした手は  何を求めてる

果てしなく 遠く  長く  続く  道の先に
青く光る 始まりの場所がある


鳴りやまない赤いサイレン 誰にもまだ聞こえない
止まることを知らない
導かれた地平線に 青い陽炎 揺れている
いつまでも  この気持ち 無くさない


微笑むような 月に照らされて
羽を休めた  鳥は夢の中

人知れず 深く  深く  潜る 闇の中で
生まれ変わる 始まりの時間が来る


辿り着いた答えはまだ 全てじゃないこの世界
光と影を抱いて
溢れだした涙 僕の迷いさえも 溶かしてよ
太陽が この背中 押している


この旅の果てに 何を見るのだろう?


鳴りやまない赤いサイレン 誰にもまだ聞こえない
止まることを知らない
導かれた地平線に 青い陽炎 揺れている
いつまでも この気持ち 無くさない


 

| ARASHI Music | 13:35 | - | - | |
静かな夜に 歌詞

 

静かな夜に vocal : Satoshi Ohno



雨の調べ  漂う涙の奏 霞む空が 覗いていた
時を止めて  まどろむ森の深くに 記憶を隠したまま  光探す

幾つも色を重ねるたび 夢のように滲んでゆく
たなびくく風に身を委ねたなら 届かないこの声も


伸ばした手のひらに触れた光 通りすぎて行く
目覚め忘れた 花を濡らして
まるでそれはいつか見た景色  戻れない
ひとり描き続けた 静かな夜に


瞳閉じて 流れる涙はどこへ 眠れぬ長い夜に 星を探す

指先なぞる掠れた色 形さえ薄れて行く
震える胸に溶かした痛みが 流れてはとめどなく


追いかけて儚く消えた夢に 心は揺れて
別れを告げた 何も言わずに
誰かの呼ぶ声が今もまだ 響いてる
ひとり立ち尽くしてた 遠く見つめて


月は君を写し出して 白く輝く
雨は降りやむ事もなく 僕を包んだ


伸ばした手のひらに触れた光 通りすぎて行く
目覚め忘れた 花を濡らして
まるでそれはいつか見た景色  戻れない
ひとり描き続けた 静かな夜に

追いかけて儚く消えた夢に 心は揺れて
別れを告げた 何も言わずに
誰かの呼ぶ声が今もまだ 響いてる
ひとり立ち尽くしてた 遠く見つめて


 

| ARASHI SOLO | 13:28 | - | - | |
Don't stop 歌詞

 

Don't stop



ひとつ歯車が狂ったら すべてが狂い出すのさ
無理に止めようとすればするほど 加速度ついてく

見えない力にもがくより 流れにまかせてみれば?
生まれてきたその日からずっと 導かれて今ここにいる

始めから分かってる結末なんてない
長い道のりだとしても 次へ次へ さあ次へ(さあ次へ)


だから
Chance くだらない
Chance 想像は
Chance 粉々にして
イイことばかりじゃないのは百も承知だろう?
Start どこからでも
Start 何度でも見直せるから
新たな何かが待っている
今は進み続けるしかないんだ
Don't stop!


あいまいに答えごまかして その場をやり過ごしても
自問自答をくり返すはず 痛む胸がそれを知っている

誰かと比べて落ち込んでも仕方ない
未来は止まらないから 次へ次へ さあ次へ(さあ次へ)


だから
Chance 転んだら
Chance 分岐点
Chance 顔をあげて
格好悪くても“タダでは起きないヤツ”だろう?
Start 出遅れても
Start 休んでも構わないから
新たな出会いが待っている
今は進み続けるしかないんだ
Don't stop!


何も持たずに  待たずに
誰にも渡さない  隠さない
まだ見ぬ場所まで
このまま Right go!


Chance くだらない
Chance 想像は
Chance 粉々にして
良いことばかりじゃないのは百も承知だろう?
Start どこからでも
Start 何度でも見直せるから
新たな何かが待っている
今は進み続けるしかないんだ
Don't stop!


Don't stop!




| ARASHI Music | 13:17 | - | - | |
let me down 歌詞

 
let me down


I'm gonna so let me down…


いつでも君のコトバ 裏腹で チープな物言いで責めても
どうせ心変わりの途中で 拠り所探してるエブリデイ
甘過ぎ… 蜜の味で翻弄の日々 いつまでも続く線路と
僕の理想も 夢のまた夢に なりそうなワンダー

ベイビーいつも コワレそうなLady Tell you all night long
罪なレベル Trippin on me lady Love you all day
what you see? Is this a dream?


とどのつまりはいつだって 君と君だけの世界で
Let me down そこでね  Let me down って来て
それだけでいい
曖昧なのふしだらベイベー 僕と僕だけの楽園
嗚呼… 

Don't let me down girl

 

いつまでも君と見ていたい 君と君だけの世界で
Let me down そこでね Let me down って来て
それだけでいい
どんな事情もそれはいつも 僕と僕だけのせいで
嗚呼…

 

自由気侭我が侭為すが侭 いつまでもそれで困らせて
僕の理想が 夢のまた夢に なってもワンダー

 

ベイビーいつも コワレそうなLady Tell you all night long
罪なレベル Trippin on me lady Love you all day
What you see? Is this a dream?


今誰と何しているの? 妄想先走ってフェードアウト?
Tell me 君の名前と声を
それだけでいい
交差点いつもすれ違う 君のヒトミに恋して
嗚呼…



夢と現実行き交う
その甘い声を聴きたい
地に這う日々には意味なく
この瞬間だけなら
君が指揮官 babe

このままオールライトロング ha ha
It's 妄想なのまた
うわのそらのまま
Don't let me down girl



とどのつまりはいつだって  君と君だけの世界で
Let me down そこでね  Let me down って来て
それだけでいい
曖昧なのふしだらベイベー 僕と僕だけの楽園
嗚呼…


Don't let me down girl

 

今誰と何しているの? 妄想先走ってフェードアウト?
Tell me 君の名前と声を
それだけでいい
交差点いつもすれ違う 君のヒトミに恋して
嗚呼…

 

 


 

| ARASHI Music | 12:55 | - | - | |
ギフト 歌詞

 

ギフト


どれだけ時が過ぎただろう 優しく僕の手を握るあなた
そんな景色が 何故か今になって 胸の深いとこを熱くする

いつから大事な言葉ほど 素直に言えなくなったんだろう
ふと見つめた その背中は少しだけ 小さく思えた

自分の弱さを知る度に あなたの温もりを知りました


この歌が響くようにと 届くようにと 飾らないそのままの想いを
僕がいつか誰かを 守る時が来れば あなたの手を思い出すだろう


あなたは痛みや悲しみを 決して人に見せたりしないのに
僕の弱さを 自分の痛みかのように 小さく笑った

旅立つ僕に何度も何度も 生きる勇気をくれました


遠い街から眺めてるよ どんなときでも 確かなひとすじの思いを
夢に続くこの道 立ち止まった時は あなたの声が聞こえてくるよ


この歌が響くようにと 届くようにと…


それはまるで どこか懐かしい 匂いがするような一輪の花
僕がいつか誰かを 守る時が来れば あなたの手を思い出すだろう


| ARASHI Music | 12:47 | - | - | |
| 1/26PAGES | >>